Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

「ドラミングのエキサイティングなニュースタイルの最前線に立っている」by Modern Drummer誌

Mark Guiliana / BEAT MUSIC! BEAT MUSIC! BEAT MUSIC! / 2019年 マーク・ジュリアナ / ビート・ミュージック!ビート・ミュージック!ビート・ミュージック!/ No,1145 月曜日、激しくいくよ。マーク・ジュリアナ最新盤!しつこく3回もビート・ミュージック…

「サブディビジョンが一定の方が一般のリスナーにとっては、音楽と自分との関係を築きやすいのは理解している。でも僕は、サブディビジョンが変化する効果が気に入ってるし、それこそが僕が表現したいことだ」by マーク・ジュリアナ

Mark Guiliana Jazz Quartet / Jersey / 2015年マーク・ジュリアナ・カルテット / ジャージー / No,1127 はい、きょうもマーク・ジュリアナ・カルテット。もう、マーク・ジュリアナは好きすぎて、ネタとして一日一枚で過ぎてゆくのが惜しいくらい。一日一曲…

「今回チューニングは、アート・ブレイキーやロイ・ヘインズ、トニー・ウィリアムスといった60年代のジャズ・アーティストと似たものにしている。」by マーク・ジュリアナ

Mark Guiliana Jazz Quartet / Family First / 2015年マーク・ジュリアナ・カルテット / ファミリー・ファースト / No,1126 さて、マーク・ジュリアナのリーダー作品。意表をついての(?)アコースティックアルバム。ど・アコースティック。なんつったって J…

「モリッシーは、無意識のスタイル・ベンダーだ」by ニューヨーク・タイムズ

Chris Morrissey / North Hero / 2013年クリス・モリッシー / ノース・ヒーロー / No,1125 GW終わりましたね、うしし。それでは通常営業に戻りましょう。大好きなマーク・ジュリアナのドラムが聴きたくて、このアルバムをチョイス。マークの盟友ベースのクリ…