Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

名前も、ジャケットも、ドレッドもカッコいいヴィクター・グールド、ポスト・グラスパー1番手だそう!

// Victor Gould / Clockwork / 2016年ヴィクター・グールド / グローバル / No,1203 きのう紹介の、ゴドウィン・ルイスの参加アルバムから、ヴィクター・グールドの一枚。 ヴィクター・グールドは、ポスト・ロバート・グラスパーの一番手との声も高いピアニ…

世界の三大カーニバルは、リオ、ヴェネツィア、そしてエティエンヌの故郷のトリニダード・カーニバルだ!

// Etienne Charles / Carnival: The Sound of a People, Vol. 1 / 2019年エティエンヌ・シャルル / カーニバル:ザ・サウンド・オブ・ア・ピープル Vol. 1 / No,1181 月曜日、エティエンヌ・シャルル再び!ジャケット、タイトルにあるようにテーマはカーニ…

トリニダード・トバゴの主産業は石油産業で、ドラム缶からスチールパンが発明された !!!

// Etienne Charles / Creole Soul / 2013年エティエンヌ・シャルル / クレオール・ソウル / No,1178 きょうも、エティエンヌ・シャルルでいくよ。カッコいいジャケット。バリバリ熱いラテンのナンバーを想像するけど、そうでもない。いたってクール。ラテン…

これは、なかなかご機嫌! 週末コンフォート

// Zem Audu / Spirits / 2017年ゼァム・アウドュ / スピリッツ / No.1074 土曜日なんで、軽快なヤツをサクッと。このアルバムは、前回紹介のベン・ウィリアムスの参加アルバムを探してて見つけた。一聴して、往年のフュージョンぽい。ゼァム・アウドュは、…

今使っている楽器は、2009年にセロニアス・モンク国際コンクールで新人賞をもらった時の賞金で買った。by ベン・ウィリアムス

// Ben Williams / Coming Of Age / 2015年ベン・ウィリアムス / カミング・オブ・エージ / No.1073 kingt4nikola.hatenablog.com マーカス・ストリックランドとも度々絡んでるベーシスト ベン・ウィリアムス。もちろん、メセニー・ユニティ・バンドのメンバ…

コンテンポラリー好きには、たまらないアルバム、ハイエナジー!

// David Gilmore / Energies Of Change / 2015年デビッド・ギルモア / エナジーズ・オブ・チェンジ / No.1069 はい、月曜日ギターに戻ってデビット・ギルモアもう一枚。このアルバム、もうメンツだけでスゴそうです。なんつったってドラムが、メセニー・バ…

僕の使命のひとつは、あらゆる要素をユニファイすること。伝統と革新、過去と未来をね。By パット・メセニー

// Pat Metheny / Unity Band / 2012年パット・メセニー / ユニティ・バンド / No.0064 ここのところギター取りあげてないなと思い、思いついたのがこの人、ベタですか ?!じつはオイラ、メセニーが大好きと言いつつ、ユニティ・バンド以降を聴いていなかった…