Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

ジャケット、ペインティングは、Martel Chapman!

Victor Gould / Thoughts Become things / 2019年ヴィクター・グールド / ソウツ・ビカム・シングス / No,1205 ヴィクター・グールド、この7月リリースのリーダー3作目。それにしてもデビュー以来続けざまにアルバム出してる。しかも、毎回指向の大きく違う…

名前も、ジャケットも、ドレッドもカッコいいヴィクター・グールド、ポスト・グラスパー1番手だそう!

Victor Gould / Clockwork / 2016年ヴィクター・グールド / グローバル / No,1203 きのう紹介の、ゴドウィン・ルイスの参加アルバムから、ヴィクター・グールドの一枚。 ヴィクター・グールドは、ポスト・ロバート・グラスパーの一番手との声も高いピアニス…

「バンドスタンドではミスなんてない、唯一のミスは他人を受け入れないこと」 by ステフォン・ハリス

Stefon Harris & Blackout / Evolution / 2004年ステフォン・ハリス & ブラックアウト / エボルーション / No.1090 週明け、さわやかにヴァイブでいきましょ。ひさびさのステフォン・ハリス。ブラックアウトは、自身のグループ名。メンバーは、ドラムに巨漢T…

ジャケット以外はとても素敵な一枚。

Stefon Harris / African Tarantella / 2006年ステフォン・ハリス / アフリカン・タランチュラ / No.0068 デリク・ホッジの参加アルバムで、おもしろいヤツを一枚。ステフォン・ハリス「African Tarantella」。デリク・ホッジらしさは特に感じないけど、アル…