Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

郷土の星、新世代 台風級ドラマー福森康!鹿児島ジャズフェスティバル2019 特集 Vol.010

Yashishi Fukumori / Dovan / 2019年福森康 / ドバン / No,1225 なんと衝撃のソロ・デビュー!ついつい先日、8月4日にリリースされたばかり。我らが福森康やってくれました。アルバムは、ジャズではない。R&Bというかなんというか。くわしいデータは、ちょっ…

類家心平+井上銘!鹿児島ジャズフェスティバル2019 特集 Vol.009

May Inoue / Stereo Champ / 2017年井上銘 / ステレオ・チャンプ / No,1224 “ 鹿児島ジャズフェスティバル2019 ” 出演、類家心平をもう一枚。こちらは、割と最近のアルバム。ジャパン・ジャズギターのヤングライオン井上銘のグループ “ Stereo Champ ” の1枚…

カート艦長が、僕らを未踏の宇宙へと連れ出してくれるAAAアルバム!

Kurt Rosenwinkel / Star Of Jupiter / 2012年カート・ローゼンウィンケル / スター・オブ・ジュピター / No.1085 昨日紹介のピアノのアーロン・パークス参加作品ということで、カート・ローゼンウィンケルのスター・オブ・ジュピター。これね、傑作ですよ!…

無名時代 食費にも困るカートをジョン・スコフィールド夫妻はプロモーションを手伝い、時に自宅へ食事に招いた。ジョン・スコええ人や、涙!

Kurt Rosenwinkel / The Next Step / 2001年カート・ローゼンウィンケル / ザ・ネクスト・ステップ / No.1080 カート・ローゼンウィンケルもういっちょ!今度は同時期のリーダー作。これは皇帝カートの代名詞的作品といっていいかも。ジャズ・ギターに憧れる…

ブライアンがニューヨークに来たら、もちろん観に行くよ。レッスンにはちゃんと行かなきゃね(笑)by アントニオ・サンチェス

Brian Blade Fellowship / Perceptual / 2000年ブライアン・ブレイド・フェローシップ / パーセプチャル / No.1078 前回紹介のアルバムとほぼ同時期。ドラマーブライアン・ブレイドのバンド、フェローシップのアルバム。ジャケットからなんとなく想像すると…

いろんなギタリスト聴いては、カート・ローゼンウィンケルに戻ってくるという今日このごろ。

Chris Cheek / Vine / 1999年クリス・チーク / バイン / No.1077 さて、日常へかえる。きょうのアルバムは、1999年のクリス・チーク。ここら辺(90年代後半から2000年代にかけて)、オイラがジャズともっとも疎遠になってた時期なのかな。最近まで、クリス・…

必見!今週の動画大賞 !!! “ BIG PUMP ” ウルトラかっちょいいぜ!

Jason Lindner / GIVE YOU NOW VS NOW / 2009年ジェイソン・リンドナー / ギブ・ユー・ナウ・ヴァーサス・ナウ / No,1044 はい、きょうはジェイソン・リンドナーのエレクトロ・サイドから一枚。ちょっと、この人の音楽はとらえどころないというか(失礼!)、…

石若駿 出したら、このひと出さないワケいかんでしょ、かごしまの星 “ 福森康 ”

B'Ridge / B'Ridge / 2018年ブリッジ / ブリッジ / No.0056 鹿児島ジャズフェスティバルで、その存在を知りファンになったドラマー福森康。なんと鹿児島は姶良の出身、スゲーぞ加治木工業 !!!彼の動向を探っていると、なんとこんな ↑ トリオを組んでいるでは…

金澤英明、石井彰、石若駿のトリオで「Nefertiti」

Boys featuring SHUN / 2015年金澤英明,石井彰,石若駿 / ボーイズ:フューチャリング・シュン / No.0055 ジェリー・ゴンザレスの「Nefertiti」そして、ひさびさ聴いたマイルスの「Nefertiti」がよかったので、「Nefertiti」を演ってるいろんな人のを休日中聴…

爆音で View from Moscow サイコー !!!

Kurt Rosenwinkel / The Remedy : Live at the Village Vanguard / No.0048カート・ローゼンウィンケル / ゼ・リメディ : ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード / 2013年 それじゃあ、カミさんが出かけた後は何を聴くかというと、例えばこれ「The Remed…

ジャパンのヤングライオン 井上 銘のデビュー作!

May Inoue / First Train / No.0037井上 銘 / ファースト・トレイン / 2011年 たまには日本人もとりあげよう、大好きなギタリスト、 井上 銘。15歳でギターをはじめ、父に連れられ観たマイク・スターンに感銘を受けジャズに転向。このアルバムは2011年、20歳…

ポルトガル「オルケストラ・ジャズ・デ・マトシニョス」+ カート!

Kurt Rosenwinkel / Our Secret World / No.0024カート・ローゼンウィンケル / アワー・シークレット・ワールド / 2010年 ラージ・アンサンブルといえば、この人もやってるね、カート・ローゼンウィンケル。 OJMとは、ポルトガルのビッグバンド「オルケストラ…

なんとクラプトンも参加してるポスト・ジャズ・ブラジレイロ

Kurt Rosenwinkel / Caipi / No.0011カート・ローゼンウィンケル / カイピ / 2018年 No.008 でカート・ローゼンウィンケルのことを暗いと書いてしまったら、 どうもこの目が恨めしげに感じられるんで、あわてて、ジャゲットも内容も明るげな最近の作品をご紹…

暗いって言わないで〜!カートちゃんはマジメなの。

Kurt Rosenwinkel / Deep Song / No.0008カート・ローゼンウィンケル / ディープ・ソング / 2005年 カート・ローゼンウィンケルをもう一発。もうね、好きすぎてどれを挙げようか迷う。 これは2005年カートが、ブラッド・メルドー&ジョシュア・レッドマンとい…

鹿児島JAZZフェスティバルで、大好きになったカート・ローゼンウィンケル!

Kurt Rosenwinkel / Heartcore / No.0007カート・ローゼンウィンケル / ハートコア / 2003年 つい先月催された鹿児島JAZZフェスティバルで観て、 medium.comますます好きになったカート・ローゼンウィンケルだけど、