Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

とてつもなく美しいお経のようなラップの入った “ Ebony and Ivy ” が白眉。by オイラ

Esperanza Spalding  /  Emily's D+Evolution  /  2016年
エスペランザ・スポルディング  /  エミリーズ・D + エヴォルーション  /  No,1143

f:id:kingt4nikola:20190523161128j:plain

さて、週末コンフォートもカリーム・リギンスつながりで。

弱冠20歳のときに名門バークリー音楽学院の教壇に立ち、かのパット・メセニーの講師の学院最年少記録を塗り替え、2011年のグラミー最優秀新人賞を受賞した、

才媛。
いまや大人気。あっちこっちから客演依頼の止まぬ
エスペランザ・スポルディングの5枚目なり。

自身の骨太なベースラインを中心に、ギターサウンドを主軸に据えた
シンプルな構成のまるごと歌ものアルバム、これが凄い。

1曲目、なんだかアヴァンギャルドな予感に、
ついていけないかも、絶対歌えないしこれ、と不安になる。

でも、次から次と聴いたことない世界が飛び出してきて、
心を鷲づかみにされる。
シンプルな構成なのに豊かな音空間。

まるで、素敵な短編集を読むような、
オムニバス映画を観るような。
どの曲も、驚きと多幸感のシャワー。

言い尽くされた言葉だけど、
エスペランザというジャンルとしか言いようのない音世界。

どれも素敵な曲だけど、
とてつもなく美しいお経のようなラップの入った “ Ebony and Ivy ” が白眉。

もう、繰り返し聴きたくなる名盤なり!

Vocals,Bass  – Esperanza Spalding
Written-By – Esperanza Spalding (tracks: 1 to 11, 13, 14)
Backing Vocals – Corey King (tracks: 1, 2, 5 to 7, 12 to 14)
Backing Vocals – Emily Elbert (tracks: 1, 6, 12, 14)
Backing Vocals – Nadia Washington (tracks: 2, 5, 7, 13)
Drums – Justin Tyson (tracks: 1, 6, 11, 12, 14)
Drums – Karriem Riggins (tracks: 2 to 5, 7, 8, 10, 12, 13)
Guitar – Matthew Stevens


Esperanza Spalding: Ebony and Ivy | NPR MUSIC FRONT ROW


Esperanza Spalding Presents: Emily's D+Evolution - Unconditional Love (101.9 KINK)

 

 

Emily's D+Evolution (+ 1 Bonus Track)

Emily's D+Evolution (+ 1 Bonus Track)

 

 

2018年度の年間オイラんちMVP !!!

August Greene / August Greene / 2018年
オーガスト・グリーン / オーガスト・グリーン / No,1142

f:id:kingt4nikola:20190523094626j:plain

きょうも、カリーム・リギンスでいくよ。
オーガスト・グリーンは、
コモン、カリーム・リギンス、ロバート・グラスパーのユニット。

これ昨年は、ほんとよく聴いたアルバム。

続きを読む

「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」には驚いた!

Junko Onishi / Fragile / 1999年
大西順子 / フラジャイル / No,1141

f:id:kingt4nikola:20190522160439j:plain

いきなりの大西順子です。
セオ・クロッカーの “ Afro Physicist ” でドラム叩いてたのは、
カリーム・リギンズだけど、
そういえば取り上げたことなかったなと。

続きを読む

これじゃ、 “ 僕の四畳半にペット持った宇宙人が降り立った ” じゃん。by オイラ

Theo Croker / Star People Nation / 2019年
セオ・クロッカー / スター・ピープル・ネーション / No,1140

f:id:kingt4nikola:20190521100918j:plain

なんじゃ、このジャケットは!前回、カッコよかったのに。
これじゃ、 “ 僕の四畳半にペット持った宇宙人が降り立った ” じゃん。

さて、気分を変えてセオ・クロッカー最新盤。
タイトルも “ 物理学者 ”  “ 宇宙速度 ” ときて、
“ スター・ピープル・ネーション ” 星人国家 ?!
ま、世界市民くらいの意味かな。

続きを読む

ロケットが、衛星軌道など宇宙飛行に乗るために必要な速度を宇宙速度 エスケープ・ヴェロシティという。

Theo Croker / Escape Velocity / 2015年
セオ・クロッカー / エスケープ・ヴェロシティ / No,1139

f:id:kingt4nikola:20190520102833j:plain

セオ・クロッカーもう一枚いきましょう。
ジャケット、前作よりかなりカッコよくなってきた。

続きを読む

アフロ物理学者は、チェロキーの血を継ぐトランペッターを祖父に持つ。

Theo Croker  / Afro Physicist / 2014年
セオ・クロッカー / アフロ・フィジシスト / No,1138

f:id:kingt4nikola:20190519165001j:plain

若手トランペッターです。

何かと興味を引くシオ、調べてみると人種差別のキツいフロリダ出身。あの伝説のトランペッター、ドック・チーザム(Doc Cheatham)の孫として生まれる。ドックはチェロキーの血を継いでいるので、シオの東洋人的な顔立ちの謎が解けた。ドナルド・バードに魅せられオベリン大学に進み、そこで得たアワードによってデビュー・アルバム『The Fundamentals』を2006年に発表。

 

続きを読む

就寝前とかにいいよ、静寂のつぎに美しい音を。 / 週末クワイエット

Miki N'Doye / Tuki / 2006年
ミキ・エンドイェ / ツキ / No,1137

f:id:kingt4nikola:20190519090308j:plain

雨が続いて気分が塞ぎます。
昨日に続いて、ECMを。

なんか積極的に音楽を聴きたいと思えないとき、
だったら聴くな!ですけど、
それはそれでつまんない、そして静寂がこわい。

続きを読む

2018年発売、1998年復帰後初のトリオライブ! / 週末コンフォート

Jack DeJohnette / Keith Jarrett / Gary Peacock / After the Fall / 2018年
ジャック・ディジョネット,キース・ジャレット,ゲーリー・ピーコック / アフター・ザ・デフォール / No,1136

f:id:kingt4nikola:20190517144738j:plain

たまには、スタンダードでも。極上のトリオ。
もちろん、このメンツは1983年以来続く、
あの有名な “ スタンダーズ ” のトリオ。

 “ After the Fall ” とは、まんま “ 倒れた後 ” 。

続きを読む

「異なるものが共存する良さを祝福したい」by カマシ・ワシントン

Kamasi Washington  / Harmony of Difference / 2017年
カマシ・ワシントン / ハーモニー・オブ・ディファレンス / No,1135

f:id:kingt4nikola:20190516135624j:plain

ライアン・ポーター、キャメロン・クレイブスと紹介したら
この人は避けて通れないよね、カマシ・ワシントン。

現在ジャズ界最大のカリスマと言っても過言ではあるまい。

続きを読む

“ Planetary Prince ” が SIXPADなら、こちらはオムロン低周波治療器 ?!

Philip Dizack / Single Soul / 2013年
フィリップ・ディザック / シングル・ソウル / No,1134

f:id:kingt4nikola:20190515142537j:plain

キャメロン・グレイブスのアルバムで
トランペット吹きまくってた
フィリップ・ディザック2013年のリーダー2枚目のアルバム。

続きを読む

ヨーロッパのツアー途中、テロでパリに足止め、そこで楽曲を創り数日後ベルギーのスタジオで録音。

The Stanley Clarke Band / The Message / 2018年
ザ・スタンリー・クラーク・バンド / ザ・メッセージ / No,1133

f:id:kingt4nikola:20190514161515j:plain

きのう絶賛したピアニスト、
キャメロン・クレイブスの参加作品から一枚。

御年68歳になったベースの大御所スタンリー・クラークが
若手と連んだ最新作。

続きを読む

西海岸を甘く見ると火傷するぜ!超高圧、怒濤のグルーヴ、惑星のプリンスにひざまずけ!

Cameron Graves / Planetary Prince / 2017年
キャメロン・クレイブス / プラネタリー・プリンス / No,1132

f:id:kingt4nikola:20190514053807j:plain

昨日紹介の、ライアン・ポーターのアルバムで弾きまくってた人、
そして、ポーター&カマシ・ワシントンの盟友、
ピアニスト キャメロン・クレイブスの初リーダーアルバム。

続きを読む

「地球上で最もソウルフルなトロンボーン奏者」by カマシ・ワシントン

Ryan Porter / Optimist / 2018年
ライアン・ポーター / オプティミスト / No,1131

f:id:kingt4nikola:20190512144800j:plain

さて月曜日、いつもと違うところへ、西海岸。

オイラ、ベースをかじってた関係上、低音楽器が好き。
(いや、低音楽器が好きだからベースやったのかも)
バスクラ、バリサク、チューバ、そしてトロンボーンなど。

続きを読む

「3人でしかあり得ないマジックのようなものが生まれたので、すぐに一度ライヴをやろうことになった」 / 週末コンフォート

Tillery / Tillery / 2016年
ティレリー / ティレリー / No,1130

f:id:kingt4nikola:20190512063402j:plain

きょうは、
柔らかな朝の光にとてもよくあう音楽を紹介。

最近、なんども紹介していたグレッチェン・パーラトとベッカ・スティーブンス、
そしてレベッカ・マーティンの3人のボーカルユニット、ティレリー。

続きを読む

ダウンビート誌、2010年ライジングスター、ボーカル部門、サシャル・ヴァサンダニ / 週末コンフォート

Sachal Vasandani / Shadow Train / 2018年
サシャル・ヴァサンダニ / シャドウ・トレイン / No,1129

f:id:kingt4nikola:20190511064346j:plain

本日は、週末コンフォート。
たまには男性ヴォーカルをお届けしましょ。

このアルバムは、
ドラマーのエリック・ハーランドの参加アルバムを掘ってって
見つけた。
サシャル・ヴァサンダニは、じつはこちらにも参加している

続きを読む