Jazz Alternative

ジャズとその周辺音楽への旅

“ ブラック・レディオ ” より2年も早いよ、このアルバム !!!

Taylor Eigsti / Daylight at Midnight / 2010年
テイラー・アイグスティ / デイライト・アット・ミッドナイト / No.1114

f:id:kingt4nikola:20190425193837j:plain
これまた、エリック・ハーランド続き。

エリック・ハーランド / ボイジャーでいい仕事してた
ピアノのテイラー・アイグスティのリーダーアルバム。
↓  これとか!

kingt4nikola.hatenablog.com↓  これでね!

kingt4nikola.hatenablog.com

テイラー・アイグスティは、12歳で、デイヴ・ブルーベックと共演。15歳からスタンフォード大学のスタンフォード・ジャズ・ワーク・ショップの講師を務めている。

という天才らしい。しかも、ジャケットのとおりイケメンだ。

このアルバム、ベッカ・スティーヴンスが5曲ボーカルをとる、
とても聴きやすい、うっとり盤だ。

このアルバム、“ ブラック・レディオ ” より2年も早いというのに、
とてもブラック・レディオ的なアルバムだ。
いろんな要素を融合させた先進性に溢れながらも、
スムース&カンファタブル。

アイグスティの指向性がよく伝わってくる一枚。
ピアノはもちろんながらローズやサンプラー、
または、それらとピアノを絡めた使い方がおもしろく、
独自のセンスが感じられる。

脇を固めるハーランドやハリッシュ・ラグハヴァン、
ジュリアン・レイジら盟友達も申し分なく、なんとも心地よい。

メロウ&フォーキー&コンテンポラリー!
と書いて思うのは、

いや、これベッカ・スティーヴンスのためのアルバムかもしれん!
ということ。

やはり、“ ブラック・レディオ ” は、現象の一点であり、
それらのムーブメントは、確実にシンクロしている。

ベッカ・スティーヴンスの音楽性を考えてもそうだし、
アイグスティやエリック・ハーランドの音を年代で聴いてゆくと
そんなことが自ずと浮かび上がってくる。

Mellotron, Piano, Electric Piano- Taylor Eigsti
Drums, Percussion - Eric Harland
Guitar - Julian Lage
Bass - Harish Raghavan
Vocals - Becca Stevens


Taylor Eigsti - Magnolia


Taylor Eigsti w/ Becca Stevens ~''Daylight''


Taylor Eigsti Ft. Becca Stevens - Little Bird

Daylight at Midnight

Daylight at Midnight

  • テイラー・アイグスティ
  • ジャズ
  • ¥1700
Daylight at Midnight

Daylight at Midnight

 

速報!フライング・ロータスがついに、オイラのテーマを作ってくれました !!!

Flying Lotus / Flamagra " Takashi " / 2019年
フライング・ロータス / フレマグラ / No.1113

f:id:kingt4nikola:20190424112511j:plain

もちろん、タイトルは大ウソです。

Takashi

Takashi

  • フライング・ロータス
  • エレクトロニカ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

続きを読む

2曲目イントロで、ささやくような「テゲテゲじゃ〜!」の声、確かに聴こえる!

Eric Harland / Vipassana /  2014年
エリック・ハーランド  / ヴィパッサナー /  No.1112

f:id:kingt4nikola:20190423214921j:plain

さて、エリック・ハーランドのリーダー・バンド “ ボイジャー ” の
お待ちかねの2枚目。

これがまた、また、傑作!
“ ボイジャー ” 1作目の路線をみんなが期待したはず。

しかし、期待を大きく裏切って新たなる地平へ。
明らかにアフター “ ブラック・レディオ ” 、
アフター “ グラスパー ” な語法で造りあげられた作品。
時代を牽引するのは、まじドラマーだ。

正直“ ブラック・レディオ ” 超えのアルバムだと思う。
現代ジャズの新たな到達点。

ま、後出しだからとしても、それでもすばらしい。
“ ブラック・レディオ ”が2012年だから、
その衝撃を受けてジャズ界自体が変化した。

1作目からのメンツ、ハリッシュ・ラグハヴァン、
ウォルター・スミス三世、ジュリアン・レイジ、
テイラー・アイグスティは、ちろん言うことなし。

あらたに加わったギターの二ア・フェルダーも
独自の異空間を見事に演出した。

もう一枚くらいは、前作路線も欲しかったけど、
ハーランドやるね〜シビれる〜瞑想!
“ Vipassana ” とは、

「ものごとをありのままに見る」という意味のヴィパッサナーは、インドの最も古い瞑想法のひとつです。この瞑想法は、2500年以上前に、インドで、すべての人に共通する病を癒す普遍的な治療法、「生きる技」として指導されました。

Drums,chorus – Eric Harland
Bass – Harish Raghavan
Guitar – Julian Lage(2,5,6,9,11)
Guitar – Nir Felder(1,7,8,10,12)
Piano – Taylor Eigsti
Tenor Saxophone – Walter Smith III
Vocals – Chris Turner

vimeo.com


Eric Harland Voyager - "Singularis"


Eric Harland - Relax
 

「クリス・ポッターは、地球上、最も研究され、そして模倣されたサキソフォン奏者」by ダウンビート誌

Chris Potter / The Sirens /  2013年
クリス・ポッター  /  ザ・セイレーン  /  No.1111

f:id:kingt4nikola:20190422215047j:plain

エリック・ハーランド・シリーズ続きます。
これは、サックスのクリス・ポッター、ECMからの作品。

 “ Sirens ” はサイレンでも試練でもなく海の精霊セイレーン。
このアルバムはホメロスの叙事詩「オデュッセイア」に
インスパイアされて作られたそう。

続きを読む

ケヴィン・ユーバンクスって誰 ?! 全然知らなかった、動画必見 !!!

Dave Holland / Prism  /  2013年
デイブ・ホランド  /  プリズム  /  No.1110

f:id:kingt4nikola:20190421153048j:plain

はい月曜日、エリック・ハーランド続けます。
これは、御大デイブ・ホランド2013年の作品。

マイルスの「イン・ア・サイレント・ウェイ」や「ビッチェズ・ブリュー」
で有名なベーシスト。
66歳の御大、ギンギンに元気です。

続きを読む

"I am as constant as a northern star." by シェイクスピア:ジュリアス・シーザー

Joni Mitchell / Blue /1971年
ジョニ・ミッチェル / ブルー / No.1109

f:id:kingt4nikola:20190421075921j:plain

先々週紹介したベッカ・スティーヴンズが、

ジョニ・ミッチェルの ” A Case Of You ” は、非の打ち所がない。
彼女がソングライティングの女神だと思ってる。

と、絶賛してたジョニ・ミッチェルのアルバム「Blue」。

続きを読む

この空気感は、フラワー・ムーブメントなのか ?! / 週末コンフォート

Charles Lloyd / Forest Flower /  1968年
チャールス・ロイド /  ドレスト・フラワー  / No.1109

f:id:kingt4nikola:20190419143803j:plain
きのうチャールス・ロイドを紹介したんで、
今日は週末コンフォート、往年の名盤をご紹介。

春の軽やかな陽気にピッタリなアルバムではなかろうか。
リラックスした中にも、ピリッ!と光るプレイが随所にあって、
なんとも心地のよい一枚。

続きを読む

なんと、エリック・ハーランドがピアノ弾いてる曲があるよ !!!

Charles Lloyd / Sangam /  2006年
チャールス・ロイド /  サンガム  / No.1108

f:id:kingt4nikola:20190419050801j:plain

エリック・ハーランドを追っかけてます。
2006年、チャールス・ロイドの作品。

チャールス・ロイドは、キース・ジャレット、
そしてミシェル・ペトルチアーニとのカルテットで活躍した
サックス奏者、御大だ。

続きを読む

名門マンハッタン・スクール・オブ・ミュージックでクラシック音楽の学士号およびジャズパフォーマンスの修士号を取得!

Stefon Harris  / Black Action Figure /  1999年
ステフォン・ハリス  /  ブラック・アクション・フィギュア  / No.1107

f:id:kingt4nikola:20190418060346j:plain

ドラムマーのエリック・ハーランドのキャリアを
追っかけて1999年にジャンプ!

26歳、ステフォン・ハリスのリーダー2作目。
この時、エリック・ハーランドは23歳。
アルバム全体に若さがみなぎってます。

続きを読む

「ジャズ・ファンだけでなく、パリを愛するすべての人に聴かせたいアルバム」by ハクエイ・キム

Hakuei Kim & Xavier Desandre Navarre  /  Conversations in Paris  /  2019年
ハクエイ・キム&グザヴィエ・デサンドル・ナヴァル  /  カンヴァセーションズ・イン・パリ  / No.1106

f:id:kingt4nikola:20190416143733j:plain

悲しみに沈むパリに、
このアルバムを捧げます。

韓日クォーター、ピアノの貴公子ハクエイ・キムと
フランスのパーカショニスト、グザヴィエ・デサンドル・ナヴァルとの
パリにおける初ジョイント・ライブ。

これ、4月3日にリリースされたばかりの採れとれ盤。
そして、そのジャケットがまた、涙。

ハクエイ・キムにとって初の海外ライブ録音、
そしてグザヴィエとも初セッション、
おまけに初の全編アドリブ演奏というアルバムらしい。

パリでの一日をイメージしたアルバムらしいけど、
日本生まれ日本育ちのハクエイの感じるパリの姿がそこに。

どうしても物悲しいピアノに聴こえてしまう。

Piano - Hakuei Kim
Percussion - Xavier Desandre Navarr


ハクエイ・キム&グザヴィエ・デサンドル・ナヴァル『カンヴァセーションズ・イン・パリ』

 

Conversations In Paris (Live)

Conversations In Paris (Live)

  • ハクエイ・キム & グザヴィエ・デサンドル・ナヴァル
  • ジャズ
  • ¥2300
カンヴァセーションズ・イン・パリ (Live)

カンヴァセーションズ・イン・パリ (Live)

  • アーティスト: ハクエイ・キム& グザヴィエ・デサンドル・ナヴァル
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC LLC
  • 発売日: 2019/04/03
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「タッチに液体のようなダイナミズムのあるピアニスト」by ニューヨーク・タイムズ

James Francies / Flight / 2018年
ジェームズ・フランシス / フライト / No.1105

f:id:kingt4nikola:20190415155751j:plain

きのう紹介のジェイミオ・ブラウン / ワークソングや
以前紹介のスステフォン・ハリス / ソニック・クリードで

kingt4nikola.hatenablog.com

いいピアノ弾いてたジェームズ・フランシス。
2018年、23歳でのデビュー・アルバム。
若い!どおりで参加アルバムもまだ数えるほどしかないハズだ。
それにしても、いきなりBlue Note からデビューとは凄い。

続きを読む

山形県民謡「紅花摘み唄」が Jaimeo Brownの手で、かくも美しい鎮魂歌に !!! 必聴。

Jaimeo Brown - Transcendence  /  Worksongs  /  2016年
ジェイミオ・ブラウン-トランスセンデンス  /  ワークソングス / No.1104

f:id:kingt4nikola:20190414081430j:plain

ジェイミオ・ブラウン、ドラマーです。

おもしろいアルバムを発見したので、ぜひ皆さんにも聴いてほしい。
このアルバムは、ピアノのジェームズ・フランシスを追っかけてて見つけた。
タイトルが「ワークソングス」労働歌。

続きを読む

「君の名前で僕を呼んで」ごっこがヤリたい、せつなさに悶絶必至! / 週末クワイエット

Sufjan Stevens / Mystery of Love
( From "Call Me By Your Name" Soundtrack ) / 2017年

スフィアン・スティーヴンス / ミステリー・オブ・ラブ / No.1103

f:id:kingt4nikola:20190413152047j:plain

いまさらですみません。
カミさんが録ったものを偶然昨夜観てしまったものですから。
急遽予定を変更(知らんがな!)しての紹介。

なかなか観入ってしまう映画だった。
一夏、6週間の甘く切ない体験。
世界的なBLブームもうなずける内容。

続きを読む

ニュージーランド生まれブリスベン育ち!ジョーダン・ラカイ / 週末コンフォート

Jordan Rakei / Cloak / 2016年
ジョーダン・ラカイ / クローク / No.1102

f:id:kingt4nikola:20190412165949j:plain

週末、歌ものでいきます。
昨日まで4枚立て続けに紹介した
リチャード・スペイヴンのアルバムでボーカルとってたジョーダン・ラカイ。
ニュージーランド出身、ネオ・ソウル界の新星。

それにしても、これがネオ・ソウルなのか。
よく分からんが、なかなかよかです。

続きを読む

リチャード・スペイヴンは英国の人、UKクラブミュージックとジャズが生みだした最高到達点「Real Time」!

Richard Spaven / Real Time / 2018年
リチャード・スペイヴン / リアル・タイム / No.1101

f:id:kingt4nikola:20190411134133j:plain

リチャード・スペイヴン、最新盤!
気にくわないのは、もっさりしたジャケットだけ。

より進化したスペイヴン。
こころもち激しさがあるというか、
より実験的なアルバム。
そういう意味では、前作の方がコンフォート。

続きを読む